ポール・マッカートニー&ウィングスの時代 責任編集 和久井光司 『バンド・オン・ザ・ラン』50周年!

ウィングスは1970年代のビートルズだった! モンスター・アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』のリリースから50年。ウィングスの功績を徹底的に振り返り、歴史をアップデイトする究極の一冊!

◆[鼎談]サエキけんぞう×藤本国彦×和久井光司〜ウィングス再考 ポールのバンド観を体現したウィングス
◆ウィングス・オリジナル・リリース〜ウィングスのレコードをリリース順に詳説
◆特別仕様の限定版たち〜ポール・マッカートニーの限定ボックス
◆ウィングス・メンバーのソロ活動と映像作品
◆日本のメディアが報じたウィングス
◆ウィングス・フォロワーとパワー・ポップ
◆ビートルズとニュー・ウェイヴを英国庶民の〝モダン感覚〟で繋いだ実力者たち
◆Power Pop Album Guide
◆70年代ロックにおけるウィングスの位置
◆“ウィングス流”伝播の仕組み
◆ポール・マッカートニーの功績と習性


ピンク・フロイド・アンソロジー

ポール・マッカートニー&ウィングスの時代

和久井光司(責任編集)
定価2420円(本体2200円)
A5判208ページ
2024年2月1日発行
レコード・コレクターズ2月増刊号
[雑誌19638-2]

1月30日発売


<もくじ>
  • Introduction
  • [鼎談]ウィングス再考(サエキけんぞう×藤本国彦×和久井光司)
  • オリジナル・リリース(和久井光司)
  • 特別仕様の限定版たち(吉川功一)
  • メンバーのソロ活動と映像作品
    • アルバム・ガイド(森次郎)
    • 映像作品(犬伏功)
  • 日本のメディアが報じたウィングス(大村亨)
  • ウィングス・フォロワーとパワー・ポップ
    • [マンガ]Lennon & McCartney’s NOW and THEN(梅村昇史)
    • ビートルズとニュー・ウェイヴを英国庶民の“モダン感覚”で繋いだ実力者たち(立川芳雄)
    • Power Pop Album Guide(犬伏功、森山公一、和久井光司)
    • 70年代ロックにおけるウィングスの位置(小川真一)
    • “ウィングス流”伝播の仕組み(森山公一)
    • ポール・マッカートニーの功績と習性(和久井光司)
  • 執筆者アンケート&プロフィール
 

ページ・トップへ